大久手計画工房

素材について
天然の素材を基本としたい。長期的・総合的に見て確実にハイパフォーマンスであることと同時に安全性が高いからである。だからと言って盲目的に天然素材を賛美するつもりもない。ハイパフォーマンスも大事だが、コストパフォーマンスはそれにもまして大事なものという認識もある。新建材と呼ばれるものの中にも、現代の技術を駆使した本物の材料も当然の事ながら存在する。両者の間を場面に応じて慎重に行き来できれば良いと考えている。

健康住宅、あるいは伝統工法といった単純なスローガンを掲げて取り組むことは、結果として欺瞞に満ちたものとなることを認識すべきだろう。

イメージ写真
イメージ写真

前へ
戻る
次へ



Copyright (C) 2004 OOKUTE-Atelier.All Rights Reserved.