大久手計画工房

内と外の関係について
室内をつくることは同時に室外をつくることである。貴重で高価な土地である。建物を建てた場所以外の屋外空間が、単に余った敷地になってはいけない。屋外空間は暮らしのステージとして重要な意味を持つ。眺めるだけの庭ではなく、できれば部分的にでも使える屋外として仕立てあげたい。ある程度のプライバシーを得られれば、天気のいい日は、もうひとつのリビングと言った具合である。
屋内から半屋外、屋外へと段階的・連続的に緩やかにつながった空間は、あらゆる場面で暮らしに潤いをもたらす。
イメージ写真
イメージ写真

前へ
戻る
次へ



Copyright (C) 2004 OOKUTE-Atelier.All Rights Reserved.