大久手計画工房

アプローチについて
住人が毎日出入りするアプローチ。来客は必ずここを通ってやってくる。単なる通路とは少々意味が異なる。
プライベート空間とパブリック空間をつなぐ特別な転換空間である。狭い敷地、広い敷地にかかわらず、できるだけ奥行きを持ったものにしたい。プランニングはもちろんのこと、光の具合や素材、目線の変化、植栽などなどすべての要素を総動員して、ワクワクするような場所としてつくりあげたい。
イメージ写真

前へ
戻る
次へ



Copyright (C) 2004 OOKUTE-Atelier.All Rights Reserved.