大久手計画工房

建築のたたずまいについて
その家が持つ、たたずまいは重要である。最終的には、建て主の人となりや嗜好、敷地の形状やロケーション、さまざまな要素が相まって醸し出されるものであるから、設計者が全てコントロールできるものではないが、設計段階においては次のようなことに留意している。
全体にシンプルでおおらかな構えをもち、はっきりとした存在感があるものでありたい。周辺の風景や土地に歴史的秩序が読み取れれば、どうやってその延長線上に新しい建物を位置付けることができるかを考える。凡庸な郊外地やニュータウンにおいては押し付けがましくない程度の緊張感と主張を持ってこれに望みたいと思う。いずれの場合も存在感がありながら、他者にとって借景として成立しうるものを目指したいと常々考えている。
イメージ写真
イメージ写真

前へ
戻る
次へ



Copyright (C) 2004 OOKUTE-Atelier.All Rights Reserved.