大久手計画工房
設計に対する取り組み方や建て主との対話について
建て主のはなしは良く聞く。当たり前の話である。ところが、建て主にとっては、自分の建てたい建物のイメージや要望を明快に伝えることは大変難しいことである。言葉にしたことをダイレクトに形にすると、往々にして本当に望んでいたものとかけ離れたものになる。

対話や、つぶやきの中からさまざまな要望を抽出し整理する作業が重要である。しかもその要望をある程度序列化する必要がある。つまり建て主にとっての大事なものの順番を双方で発見・確認する作業が設計作業の第一歩である。
こうした作業なくして、敷地条件や予算、家族構成といった条件のみをもとにたたき台のプランをつくる、あるいは、いくつかの案のなかから選ぶといった手法では、本当に望む住宅は実現しない。

予算の大小や敷地条件、あるいは新築か改修かといったものにはこだわらない。
こだわっているのは発注者(建て主)の顔が直に見えて、直接契約関係を持てること。もうひとつは基本設計の段階から現場の監理まで一貫して関わっていける事の二点のみである。
上記2点にこだわる理由は、「責任の所在を明快にしたい」という思いと同時に、小さなあるいは大きな決断の積み重ねである設計作業は、「建て主と設計者のみならず、施工者も含め関係者すべての直接的関わりなくしてクオリティーはあがってこない」と考えるからである。

施工業者の下請けや、昨今流行の建築プロデュース会社との関係のなかでの設計では、豊かな暮らしの器としての建築は実現しない。

また、出来上がった建築を作品と自ら名のることにも、ある種の違和感がある。建築設計は基本的に自己完結する性質のものでない点において、美術や芸術とは大きく異なるような気がするからである。もちろん人様から「良い作品をつくりましたね」といわれれば素直に喜びたい。しかしながら建築づくりに取り組む姿勢としては、作品づくりに邁進するのでなく、ひたすら創造的な良い仕事をしたいと願うのみである。

イメージ写真
 
イメージ写真
 
イメージ写真
 
イメージ写真
 
イメージ写真

戻る
次へ



Copyright (C) 2004 OOKUTE-Atelier.All Rights Reserved.